パンフレットの撮影 〜港区ゆかしの杜

 

薫風戦ぐよい季節ですが、不覚にも腰を痛めてしまった井上です。

これがぎっくり腰なのでしょうか。

かろうじて動ける状態を保っていますが、可動粋をこれ以上広げるとやばい、という腰からの叫びを聞きながら、そろりそろりと動いているプチぎっくり状態であります。

出動を週末に控え、事務作業をしながら療養中。

皆さんもどうぞお気をつけてくださいね。

 

さて、久しぶりに最近の撮影からご紹介です。

こちらは、内田祥三建築の「国立保健医療科学院白金庁舎」。

この春から「ゆかしの杜(もり)」として竣工しました。

ゆかしの杜全景_004.JPG

 

港区白金の丘の上、東京大学医科学研究所内にある旧国立公衆衛生院です。

1938年に、ロックフェラー財団の寄贈により建てられた立派な建築ですが、ずっと放置されたままになっていました。

これを、港区が購入。

大掛かりなリノベーションを経て、なんと、この春から港区の公共施設として活用されることになったのです。

ゆかしの杜中央ホール_001.JPG

(中央ホール部分)

 

この春から建物の一部を子育て支援と在宅緩和ケア支援センターとしてすでにオープン。

認可保育所だけでなく、スポット利用できる保育サービス、親子で立ち寄れるスペースもあります。

6Fには一輪車もできる遊戯室がある学童もオープン。

ゆかしの杜学童クラブ_008.JPG

 

こんなクラッシックな施設で過ごせる子どもたちがうらやましい。

 

そして、残りの部分は、11月にはカフェとショップを併設した郷土資料館として活用されることになっています。

 

こんな素晴らしい建築を有効活用することになった港区のご英断に拍手です。

このたびは、ここのパンフレットの撮影をさせていただきました。

ありがとうございました!

 

※ゆかしの杜について、港区の詳細はこちら をどうぞ。

| Sayuri Inoue | 【撮影記】 | 15:48 | comments(0) | - | - |