ビジュアルは動画の時代に

 

年末の忘年会で、新聞社の役員の方とおしゃべりしていたときのこと。
社内の記者さんたち皆が順に、動画を撮る研修を受けているとのことでした。
カメラマンだけでなく、取材に出るすべての人たちが対象だそうです。

videocamera.JPG

 

こうした話を聞くことは初めてではありません。
昨年あたりからはあちこちで動画への需要の高まりを感じています。
2017年9月より、ヤフーニュースが日本テレビと動画ニュースの配信を始めました。
私も所属する全米報道写真協会(National Press Photographers Association)でも、ビデオジャーナリズムの講座が始まり、撮影だけでなく、編集や番組として仕上げるための実践的なワークショップが行われるようになりました。
ネット上でも、動画の広告が圧倒的に増えてきたのを皆さんもお感じになっているかもしれません。

いわゆる大手メディア側から発信されるビジュアル情報において、動画が増えているといえるでしょう。

この状況が必然からきていることは、読者や視聴者である私たちのSNS利用の調査を見ればよくわかります。

 

米国のSocialMediaTodayは、私たちがソーシャルメディアに費やす時間を、1日(24時間)平均に換算して、比較をしています。
これによると、1番長いのが動画サイトのユーチューブで40分、次いでフェイスブックの35分、そしてスナップチャットが25分、インスタグラムが15分と続きます。
人々がソーシャルメディアに触れる時間は年々増加しており、その時間の6割はスマホからで、テレビの視聴時間に迫るものであると伝えています。

youtube page.jpg

 

 

また、languagewireによれば、インターネットユーザーはウェブサイトに動画があるとサイトの滞在時間が100%長くなり、ユーザーの85%にあたる人々が商品が動画で紹介されているのを見ると購入しそうになると答えています。
私自身も、フェイスブックで流れる動画レシピを見て、夕ごはんの献立にしたこともあるので、動画による影響力の大きさがなんとなく分かります。

 

Cisco社の分析によれば、動画ユーザーの数は、2016年に1.5億人に達し、今後はさらに増えると予測しています。

 

ビジュアルコミュニケーションにおいて、いまやビデオは最強のトレンド。
これからますます動画を使った広告や発信が増えることでしょう。
そんな近い未来を前に、写真はどのような役割を担うのか。
カメラマンの仕事はどうなっていくのか。
変わる社会の中で模索が続きます。

 

 

| Sayuri Inoue | 【コラム】 写真をめぐる物語 | 11:44 | comments(0) | - | - |