2017年の振り返り


いよいよ2017年も最後の日となりました。

おかげさまで、皆さまにご愛顧いただき、一年元気に過ごすことができましたことを心より感謝申し上げます。


年が明けてしまう前に、私的な一年の振り返りです。


1、プロフィール写真の撮影が多くなる

家族写真のご依頼に加えて、今年もプロフィール写真をお撮りする機会をいただきました。

女性からの個人依頼が多くなったのは、同世代の方々が講演など人前で活動する機会が増えたことによると思います。

自分をどのように発信するのか、被写体となられるお客様自身が自己プロデュースする必要もあります。

こちらからは、光の使い方や見せ方などさまざまな可能性をたくさんご提案できるように努めていきたいです。


2、アウトドアクッキング増える

ムスメが15歳と8歳になり、それぞれの活動が合わず、家族旅行やお出かけが難しくなってしまいました。

なんとか一緒にできることはないかと一計を案じたところにうまくはまったのが、アウトドアクッキングでした。

ダッチオーブンでお肉やパン焼いたり、プリンを作ったり。

共同作業と美味しい食事が楽しめて、よい思い出になりました。

子どもが思春期に差し掛かったら、おすすめです。


3、バレエの世界を知る

次女がバレエを習って2年。

今年は舞台が2回ありましたが、予想外に保護者としての裏方仕事に奔走させられたものでした。

舞台を創る大変さや少しでも知ることができ、プロの舞台の素晴らしさも観ることができました。


4、ムスメの高校受験迎える

早いもので、中学三年生の長女が高校受験をすることになりました。

夏は学校説明会や訪問に付き合ったり、最後の行事や保護者会も頻繁もあり、足を運んだ一年でした。

勝負はこれから。親ができることは限られていますが、受験生保護者の皆さま、サポートがんばりましょう。


5、渋谷から自宅まで歩く

何気なく渋谷へ出かけた先で、お財布を忘れたのがはじまり。そのまま帰ろうとしたら、Suicaの残高は90円。初乗り料金にもならず、歩いて帰るしかなくなってしまいました。

多摩川を渡って自宅へ着くまで、4時間強。

帰宅するのに、こんなに歩いたのは初めてでした。

多摩川が見えたときは、脳内にロッキーのガッツポーズの曲がフルボリューム。

ポケモンGOにも救われました。


2017年は、どちらかというと家族の用事を優先することが多い年でした。

そのため、自分から積極的に創り出す活動よりも、受ける姿勢で臨むことになりましたが、そんな時でもお仕事を続けられて感謝しております。

これもひとえにご愛顧くださった皆さまのおかげです。心から感謝申し上げますとともに、来年も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

| Sayuri Inoue | - | 21:13 | comments(0) | - | - |