2015年の振り返り

このお正月、関東は例年になく暖かでほんわかしています。
新年が明けておりますが、毎年恒例の「昨年」の振り返りです。

1、プロフィール写真を多く撮影
こちらでもたびたびごご紹介しましたが、ホームページ用のプロフィール写真を撮らせていただく機会をたくさんいただきました。
ざっと150名ほどの方を撮らせていただいたでしょうか。
お一人お一人向き合わせていただいた機会が積み重なり、私にとっては毎回チャレンジでした。
新年もこのような機会に恵まれるよう、気力・体力・技術を磨きたいと思います。

2、動画カメラマンと同行撮影
同じ撮影の仕事現場で、動画のカメラマンさんと同じ被写体を撮影する機会を何度かいただきました。
カメラマンとはいっても、スチール写真と動画では撮り方が全然違います。
流れやつなぎを意識した撮り方や、音に気を配ることは、スチールにはない難しさでしょう。
どちらも互いに補完しうる長所があって、動画もいいなぁと改めていろいろな気づきを得る機会でもありました。
今後はプロの動画カメラマンと連携し、撮影のご依頼に対応できるようにしてゆきます。

movie camera.JPG

3、中学入学とお弁当作り
プライベートな変化では、長女が中学に進学し、早起きになりました。
ランドセルの子が制服を着るようになり、行動範囲が拡がって親の目が届かないところで過ごすようになると、小さいときがますます愛おしく感じられます。
揺れる思春期に向き合いながら、親としては強くしなやかにありたいと思っています。
入学式桜.JPG

4、ムスメの七五三
秋にはムスメの七五三も行いました。
これまで実家へ出かけていましたが、今回は明治神宮へお参りしました。
お姉ちゃんにも振袖を用意して、たくさん写真を撮ろうと着物で出かけましたが・・・。
日本髪のセットだけで40分。
機嫌が悪くなったムスメの母に対する態度は険しく、出張撮影をお願いすればよかったと私自身の痛恨の後悔で終わったのでした。
七五三の撮影は、ぜひお近くのプロの方へお願いしてみてくださいね。
七五三2015.JPG

5、初めてのアイドルコンサート
今年のハイライトのひとつはこれでしょう。
人気者のファンクラブに入会してからずっとはずれまくっていたコンサート。
でついに当選することができ、ムスメたちと出かけました。
傷ついた宮城をはじめとする東北で、やっとこうしたイベントができるようになったのだと月日の重さを感じました。
仙台では、会場だけでなくあちこちでやさしや心遣いを感じられて、忘れられない楽しいひとときとなりました。

arashiblast.JPG

6、メイクを習う
ずっと習いたかった自分に合ったメイクを教えていただきました。
お肌の曲がり角を過ぎ、自力では七難を隠せなくなったことを日々感じていたので、お目にかかることができたプロのメイクさんに個人レッスンをお願いしたのです。
雑誌などのメディアや昔教えていただいた知識で自己流にやっていた私にとっては、知らなかったことばかりで、化粧品の相談もできてお願いして本当によかったです。
気に入ったメイクで自信を持てると、写真を撮りたくなりますね。
メイクで楽しくなるコラボ企画も実施してゆきたいです。
makeup.JPG

2015年は日々のお仕事や暮らしの中に、次の活動につながる気づきをたくさんいただいた年だったなと思います。
写真の仕事を続けながら無事に1年を過ごすことができましたのも、ご愛顧くださった皆さまのおかげです。
心から感謝申し上げますとともに、本年も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。
| Sayuri Inoue | - | 11:41 | comments(0) | - | - |