雑誌「一個人」の撮影 〜2018年

 

松の内も明け、ご紹介が遅れてしまいましたが、昨年12月発売の雑誌「一個人」の中で撮影をさせていただきました。
この雑誌は各号ごとにまるごと特集が異なり、今回の特集は「開運とご利益の古寺社詣で」であります。

ichikojin magazine jan2019.JPG

 

この仕事をしていると、ありがたいことにいろいろな神社やお寺へ伺うことが多いのですが、今号には神社の系譜や歴史なども網羅されており、大変勉強になっています。

 

今回の撮影で訪れたのは、東京でも言わずと知れた浅草寺。
昨年は、落語や芝居で訪れた際にたびたびおじゃましました。
不思議なもので、ご縁のある神社やお寺は何度も訪れる機会をいただくようです。
今年もまたお参りに出かけたいと思っています。

sensoji.JPG

 

今号の「一個人」には、戦国武将が祈りを捧げた神社や厄除けに強い神社と神様なども紹介されています。
ぜひご一読ください。

 

一個人(いっこじん)
2019年1月号
(2018年12月07日発売)
KKベストセラーズ

| Sayuri Inoue | 【お知らせ】 | 23:23 | comments(0) | - | - |
プリントサービスの休止について

 

前回から久しぶりの投稿となりましたが、おかげさまで元気に活動させていただいるカメラマンの井上です。

この春は変わりやすいお天気と激しい気温差でびっくりしましたが、当方にとっても衝撃的な変化がありました。

ずっとプリントをお願いしていた写真屋さんが閉店してしまったのです。

写真屋さん.JPG

 

昔からやっている写真屋さんで、古いFUJI FILMの自動現像マシンを使って銀塩プリントを仕上げてくださっていました。

当方で出張撮影ビジネスをスタートするにあたり、プリントは絶対に提供して、その美しさを気軽に楽しんでいただきたいとこだわってまいりました。

費用対効果をよくしようと、事前にいくつかネットプリントサービス会社にも頼んで検証してみたのですが、古くからあるこのFUJIのマシンに叶うものはありませんでした。

 

この写真屋さんは、ご近所で自転車で取りに行けるので、ここにお願いすることに決めて、ずっとおつきあいいただいたのです。

ご主人のおじさんは山登りがお好きで、お店がお休みのときは、関東近郊の山へカメラを持って出かけ、ご自分で撮った山頂などからの景色を大きく伸ばしてお店に飾ったりしていました。

私も山ハイキングに出るようになってから、おじさんにはいろいろと教えていただきました。

 

何より、おじさんご自身もプリントの仕上げにはこだわっていらして、薬品の消耗具合でアガリにご自身が満足いかないときは、何度もご厚意で焼きなおしてくださったりしたのです。

 

そんな見えないお店のご厚意とこだわりともに、皆さまにご提供してきたプリントですが、お店の閉店にともない、当方での提供を休止させていただくことになりました。

これまで、お店のプリント料金の値上げがあったときも、なんとか当方のサービスは据え置きで対応させていただいておりましたが、現在の料金設定では、他店でのプリントをご提供するのが難しい状況です。

これまで楽しみにご依頼を継続いただきましたお客様には大変心苦しく申し訳ありませんが、あしからずご了承いただけましたらと存じます。

 

今後、他店のサービスを改めて検証し、これまでとは違うかたちで、プリントを楽しむサービスをご提案させていただきたいと思っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

IMG_9467.JPG

| Sayuri Inoue | 【お知らせ】 | 11:43 | comments(0) | - | - |
動画の撮影 追加サービス

 

今日も雨。

9月に入ってからというもの、台風の後も雨天が続く関東です。

運動会や遠足が延期になるなど、お天気にはやきもきさせられますね。

 

さて、先の投稿では、オプションサービスとして、フォトブックの作成代行を紹介させていただきましたが、

今回も、やはりお客様のご要望から起こったオプションサービスの新プランです。

movie camera.JPG

 

写真だけでなく、プロのカメラマンにビデオ撮影の代行も依頼したいという方のために、動画の撮影も併せて行うというものです。

ただ、一人のカメラマンが写真と動画の撮影を同時に行うことはできないため、このサービスでは、スチール写真のカメラマンに加え、別の動画のカメラマンの2人体制で撮影をいたします。

 

動画の撮影で連携してくださっているカメラマンは、テレビ番組「はじめてのおつかい」の撮影などを手がけている女性です。

番組をご覧になったことがあればご存知かと思いますが、「街に馴染む」服装で子どもを追って撮っているカメラマンさんです。

ですから、子どもの撮影は手馴れたもの。

ずっとドキュメンタリー番組などの撮影と制作もしている方なので、イベントやセレモニーなど子ども以外の撮影にも対応でき、当然ですがプロの仕上がりです。

(撮影のご希望日によっては、ほかのプロカメラマンの方に担当いただく場合がございます。)

 

そんな彼女と初めて2人体制でお仕事を請けたのは、幼稚園の運動会の撮影でした。

運動会151010_436.JPG

 

同じカメラマンではあっても、カメラマンとはいっても、スチール写真と動画では撮り方が全然違います。

動画では、編集されることをあらかじめ意識した上で撮ることが必要で、音の流れやつなぎを意識してカメラを回すことがスチールとの大きな違いであることを感じました。

そのためか、2人で行動を共にすることはほとんどなく、はたから見れば、2つのカメラがひとりの幼稚園児を追っているとはわからないことでしょう。

 

この動画の撮影サービスにつきましては、写真撮影のご依頼と併せて受けさせていただきたくお願いいたします。

動画の撮影料金は、2時間の撮影で機材費込みで32,000円。

(さらに長い撮影時間の場合は、追加料金となります)

この撮影料に加えて、データを収録するご希望のメディア代や交通費(実費)をお願いすることになります。

また、お渡しする動画データは、撮ったものをそのまま未編集でお届けすることを基本として、編集が必要な場合は別途御見積をさせていただきます。

 

写真だけでなく、プロの動画撮影もぜひご利用くださいませ。

 

 

| Sayuri Inoue | 【お知らせ】 | 23:52 | comments(0) | - | - |