パンフレットの撮影 〜港区ゆかしの杜

 

薫風戦ぐよい季節ですが、不覚にも腰を痛めてしまった井上です。

これがぎっくり腰なのでしょうか。

かろうじて動ける状態を保っていますが、可動粋をこれ以上広げるとやばい、という腰からの叫びを聞きながら、そろりそろりと動いているプチぎっくり状態であります。

出動を週末に控え、事務作業をしながら療養中。

皆さんもどうぞお気をつけてくださいね。

 

さて、久しぶりに最近の撮影からご紹介です。

こちらは、内田祥三建築の「国立保健医療科学院白金庁舎」。

この春から「ゆかしの杜(もり)」として竣工しました。

ゆかしの杜全景_004.JPG

 

港区白金の丘の上、東京大学医科学研究所内にある旧国立公衆衛生院です。

1938年に、ロックフェラー財団の寄贈により建てられた立派な建築ですが、ずっと放置されたままになっていました。

これを、港区が購入。

大掛かりなリノベーションを経て、なんと、この春から港区の公共施設として活用されることになったのです。

ゆかしの杜中央ホール_001.JPG

(中央ホール部分)

 

この春から建物の一部を子育て支援と在宅緩和ケア支援センターとしてすでにオープン。

認可保育所だけでなく、スポット利用できる保育サービス、親子で立ち寄れるスペースもあります。

6Fには一輪車もできる遊戯室がある学童もオープン。

ゆかしの杜学童クラブ_008.JPG

 

こんなクラッシックな施設で過ごせる子どもたちがうらやましい。

 

そして、残りの部分は、11月にはカフェとショップを併設した郷土資料館として活用されることになっています。

 

こんな素晴らしい建築を有効活用することになった港区のご英断に拍手です。

このたびは、ここのパンフレットの撮影をさせていただきました。

ありがとうございました!

 

※ゆかしの杜について、港区の詳細はこちら をどうぞ。

| Sayuri Inoue | 【撮影記】 | 15:48 | comments(0) | - | - |
プリントサービスの休止について

 

前回から久しぶりの投稿となりましたが、おかげさまで元気に活動させていただいるカメラマンの井上です。

この春は変わりやすいお天気と激しい気温差でびっくりしましたが、当方にとっても衝撃的な変化がありました。

ずっとプリントをお願いしていた写真屋さんが閉店してしまったのです。

写真屋さん.JPG

 

昔からやっている写真屋さんで、古いFUJI FILMの自動現像マシンを使って銀塩プリントを仕上げてくださっていました。

当方で出張撮影ビジネスをスタートするにあたり、プリントは絶対に提供して、その美しさを気軽に楽しんでいただきたいとこだわってまいりました。

費用対効果をよくしようと、事前にいくつかネットプリントサービス会社にも頼んで検証してみたのですが、古くからあるこのFUJIのマシンに叶うものはありませんでした。

 

この写真屋さんは、ご近所で自転車で取りに行けるので、ここにお願いすることに決めて、ずっとおつきあいいただいたのです。

ご主人のおじさんは山登りがお好きで、お店がお休みのときは、関東近郊の山へカメラを持って出かけ、ご自分で撮った山頂などからの景色を大きく伸ばしてお店に飾ったりしていました。

私も山ハイキングに出るようになってから、おじさんにはいろいろと教えていただきました。

 

何より、おじさんご自身もプリントの仕上げにはこだわっていらして、薬品の消耗具合でアガリにご自身が満足いかないときは、何度もご厚意で焼きなおしてくださったりしたのです。

 

そんな見えないお店のご厚意とこだわりともに、皆さまにご提供してきたプリントですが、お店の閉店にともない、当方での提供を休止させていただくことになりました。

これまで、お店のプリント料金の値上げがあったときも、なんとか当方のサービスは据え置きで対応させていただいておりましたが、現在の料金設定では、他店でのプリントをご提供するのが難しい状況です。

これまで楽しみにご依頼を継続いただきましたお客様には大変心苦しく申し訳ありませんが、あしからずご了承いただけましたらと存じます。

 

今後、他店のサービスを改めて検証し、これまでとは違うかたちで、プリントを楽しむサービスをご提案させていただきたいと思っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

IMG_9467.JPG

| Sayuri Inoue | 【お知らせ】 | 11:43 | comments(0) | - | - |
桜に雪

 

お彼岸の昨日は、寒い1日でした。

東京でもまさかの降雪。

それまでの暖かさで一気に開いた桜の花に、冷たい雪が降りました。

 

こんな日は、できれば部屋でぬくぬくと雪見でもしたいところですがそうもいかず、出かけついでに雪の中でがんばっている桜を撮ることにしました。

 

レンズは70-200ミリのズームの長玉1本。

これに水濡れ対策として、レンズ用のかっぱで武装。

このかっぱ、最長の望遠である600ミリレンズにも巻くことができる長さなので、ご覧のようにぐるぐる巻きであります。

lens cover.JPG

 

撮ってみると、雪をいかに「雪」としてわかるように撮るかが一番の課題です。

まだ雪が花に積もっているわけではなにので、花をアップにすると、雪は写らず、雨に濡れた花の姿にしか見えなくなってしまいます。

そこで、白い雪がわかるように、黒い幹をバックに少し引いて撮ってみました。

sakura.JPG

雪を雪らしく撮るには、白い雪の粒をしっかり捉えるところにありそうです。

シャッタースピードが遅いと動きが流れてしまい、雨だか雪だかわからなくなってしまいます。

降っているものが雨でなくて雪に見えるようにするには、シャッタースピードを速くして、白い雪の動きをしっかり止めて写すことにあるようです。

 

寄ってだめなら引いてみるということで、雪が降っている様子がわかるように、遠くの景色を望遠で圧縮して狙ってみました。

snow&sakura.JPG

大写しにならないと伝わりづらいのですが、こちらの方が雪と桜をよりうまく捉えられたようです。

 

厳しいお天気のときでも、カメラを持って出かけるといろいろな気づきと学びがありますね。

この寒さで、より長く今年の桜を楽しめるとありがたいものです。

| Sayuri Inoue | 【撮影記】 | 22:54 | comments(0) | - | - |